発達障害もちオヤジの生きた証の為のブログ

今現在、43歳中高年の発達障害(ADHD)オヤジのブログです。40代中高年でADHDと診断され色々なものを失いました。生きずらさを感じてますが1日あった事を生きた証にする為にブログを書いています。

発達障害の私。今日は仕事中、頭の中がフリーズしっぱなし。



はっちです。
少しでも自身の障害特性を理解して1日数ミリでもいいからと思い頑張りましたが
今日は仕事中、さすがに落ち込みました。


今日は休み明けの最初の仕事の日。今日からまた色々とあるだろうと思いながらも
仕事を頑張ろうとおもいましたが、本日は本当に疲れました。
あったことは以下の事です。


上司からの言われた事を理解していたが全然理解していなかった。


私は、障碍者雇用で上司も別の障害を持っている方と一緒に働いているのですが、
本日、親会社さんの部署の席替えが発生していました。
普段やっている郵便物の配達(要は、親会社さんの社員さん宛の郵便を個人に配る)
業務をおこなっているのですが、座席表を見ながらいつもは配っています。
ですので席替えが発生していると新しい席の書いた紙が必要となります。
ただ、来週にならないと全て終了しないので印刷ができないから


上司からはどうやら私に見ながら変わったところだけ前の座席表に書き写すように
言われました。


でもそれをどうやら私は、郵便物が来た際に来た人の座席が変わってないか、席が
確定するまで調べながらやって下さいと思い込んでました。


上司から言われた事と私が思った事全然違いますよね。


当然注意されました。


思い込みで失敗だらけです。
その上以下の状態に陥りました。


頭の中がフリーズしました。


上司からは上記の他に色々と本日は私、思い込みで色々やらかしまして、
「わからなければ聞くように散々いってるでしょう!」
と言われました。そりゃ当然ですよね。


言われているうちにそうなった理由を聞かれ、自分自身を責めるようになり、頭が
フリーズしました。
結果、何を言われても無反応になった上に自分に対して情けなさと悔しさの感情が
わき、顔的に相手には、不機嫌に私が映ったみたいです。


全ての発達障害の方がそうだと思いませんが、私自身の特
性としてこういう事が知らぬ間に出てしまいました。


気をつけようと思っても、全然うまくいかない一日でした。


最後に


こういう状態からどうやって脱却していけばよいか正直、わかりませんが、自身
の障害特性で治らないのだけはわかります。



でもいくらか軽減していかないとまずいなと思います。
でも逆にできない物は出来ないと割り切るのも手段かなと
思いました。
相手に十分ストレスを与えてしまうのは本当に申し訳ないけど、自身も今今日の事
で落ち込みがひどくまた鬱になりそうです。


開き直るのも大事かなと逆に思っています。
自身では努力はしなきゃいけないけどこのまま落ち込みすぎるのも良くないとも思
っています。




以上はっちでした。


下のボタンで応援してもらえるとありがたいです。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。