頭の中がグルグルフル稼働!発達障害中高年のブログ

今現在、43歳中高年の発達障害(ADHD)オヤジのブログです。40代中高年でADHDと診断され色々なものを失いましたが同じようにならないためにあったこと等を記入していきたいと思います。

発達障害の私から



はっちです


ご無沙汰です。
仕事ですが何とか4ヶ月間同じ所で働けそうです。
その点は一段落です。


働いてみて色々ありました。空気が読めなさ感があり上司を困らせたり。
寝れなかったり。言われた事が全く理解できなかったり。


今も状況は変りませんけどね。薬の影響か今も寝れずブログ書いていますから。


やはり、私の障害である発達障害って空気が読めない。他の方から見れば宇宙人
と会話して状態ですよね。


それをどう改善するか。今は試行錯誤中です。
治るか、軽減されるか。はっきりわかりません。
これは何とかしないといけませんね。



多分一生の課題なんだと思います。


今回はまとまりがなくてすいません。


ブログなんですが、実はもう一つの所でもやっていまして、使い勝手の良い方
はどちらか確かめています。


結論から言うともう一つの方が使い勝手がよくてそちらにおいおい移籍します。
後は、このように愚痴?みたいにならないように前向きに私の発達障害に関して
情報発信していきたいと思います。


後は、自分の障害の他に、昔から日本史関連が大好きで、特に戦国時代、幕末
が好きでそのことを書いていこうと思います。


好きな事をブログに書く。
このことも私のやりたかったことですから。


近日、こちらを畳む予定です。


決まりましたらまたお知らせ致します。


以上はっちでした。


下のボタンで応援して頂けると有難いです。

発達障害者が身近に支援者がいない現実に関して。



はっちです。


今回は件名にありますが、発達障害者が身近に支援者がいない現実について
書こうと思います。


先月NHKの発達障害者に関しての番組で、やはり、障がい当事者が助けて
という事が必要。周りの支援も必要と切実訴えていました。


ただ、現実として、支援できる周りの人はどれくらい
いるだろうか?


発達障害者は、全ての方ではない前提で話しますが、今月上旬に私がブログ
に書きましたが、私も含んで、周りの方から見れば、空気が読めない。宇宙
人と会話しているみたい。普通じゃない
と思われています。


裏を返せば、こういう方の支援をするとなると本当に相当なる覚悟が必要で
す。血縁関係があろうと無かろうと並大抵の努力が必要なだと思います。


支援する方もカサンドラ症候群になる方もいます。
また現実に支援する方で悩まれている方もいらっしゃいますし、ご相談を
受けた事もあります。



それを踏まえて実際、周りに支援してくれる方、理解をしてくれる方どれ
くらいいるのか気になりまして、Twitterで実際、アンケートを取ってみま
した。
結果は以下の通りです。


支援者、理解者がいるかのアンケートです。
クリックすると私のTwitterに飛びます





半数の方が支援してくれる方、理解してくれる方がこんなにいたのも正直
びっくりしました。
逆に半分は支援してくれる方、理解してくれる人がいなく各自苦しんでい
るんだと思いました。


やはり理解してもらう。支援してもらうのは難しいと
感じました。


でもだからといってそのままやり過ごす事は出来ない。
その件に関して詳しい話は次回致しますが、発達障害者同士がもっと気楽に
お互いを支えることを考えてみました。ある事を思いついて今、準備中です


お互いに支え合えないか今は模索して、ある事をやってみようかと思います


うまくいくかはわかりませんがとりあえずチャレンジしてみます。
それは時間話したいと思います。


以上はっちでした。
下のボタンを押して頂けると有難いです。宜しくお願い致します。

精神障害者が働く際に大事な事を考えてみた。


はっちです。


しばらくブログお休みしてました。色々とメンタルで落ちていまして。


今回は表題に書きましたが、精神障害者が働く際に大事な事を私なりの
主観ですが考えてみました。


私が就労している企業ですが、前回ブログにも書きましたが相変わらず全然
落ち着いていません。


休まれている方もまた、体調を崩されて休まれていますし、今度は別の方が
休まれている方に対して色々と誹謗中傷を全ての方が知るような形で記入さ
れますし、落としどころがなく正直私はうんざりです。


今回の一件に関して私なりに愚痴でなく前向きに、精
神障害者が働く上で大事な事を考えてみました。


まずは障害者同士ですが、相手に対しての気遣いが一層大事だという事


精神障害者は、やはり健常者よりもメンタルも弱い状態ですから傷つき
やすい。だからより障害者同士であっても思いやりが必要だと思います。
休まれている方も休みたくて休んでいる訳でないですし、そこは致し方
ないと思います。
では休むことで仕事が回らず、他の障害をお持ちの方が厳しくなり、あ
らゆる面で疲弊しているなら、事実として会社に話して仕事量を減らし
てもらうか。応援をもらうかなどすればよいのではと思います。
相談もせず相手の中傷をすることは非常に良くないと思いました。
相談をして仕事量を減らしてもらうなど対応のしようがあったと思いま
す。


後は、休まれている方も体調を崩す回数が多いのは致し方ないと思いま
すが、自分できちんと良くなるまで休職するなど企業に伝えるべきだと
思います。
会社から休職指示がでるまで放置するのはまずいと思います


休まれて仕事量が増えて疲弊した方たちも、体調を崩して休んでいる方
も会社任せにしすぎて相手に対して思いやりがないのが原因だと思いま
す。


相手に対して思いやりをもっていれば上記のやり方
などで回避できたかも知れないと思います。


会社に対して障害があるなしに関わらず、やはり困
った事が発生したらこちらから事実とこうしたいと
いう提案はしないとだめだと思いました



精神障害者が就労するにあたって大事な事は、困った事が起きたらやは
り障害者同士思いやりを持つこと
後は、困った事が発生したら全て企業任せにするのでなく、困った事に
対してどうしたいか?どうしたら軽減できるかこちらの意見を伝える事
が大事だと思います。
就労して企業に全て何とかしてもらおうと考えるのは何も解決にならな
い。


やはり障害者が困った事があったらこうしたいと自
ら提案する事が必要だと思います。


ただ、それだけなのに出来ずに話がこじれてしまっています。


何か残念です。やはり上記の事は大事だと思います。
自ら提案するこれって障害をお持ちの方にとって大事な事と
考えます。


以上 はっちでした。
下のボタンで応援して頂けると有難いです。