発達障害もちオヤジの生きた証の為のブログ

今現在、43歳中高年の発達障害(ADHD)オヤジのブログです。40代中高年でADHDと診断され色々なものを失いました。生きずらさを感じてますが1日あった事を生きた証にする為にブログを書いています。

発達障害の私。治す気がないのでなく治らないと実感した。



はっちです。
本日も仕事で色々とやらかしました。
家でも一人暮らしなんですが、やる気が起きないというか部屋がグチャグチャに
なりかけてやらかしてます。


仕事でやらかした内容は昨日のブログに書いたような事の繰り返しでした。


発達障害(ADHD、ASD)もちの私は今、主治医からコン
サータを上限量を服薬してもらってますが、それでもこんな
感じなんだと思います。


でも、薬を飲まなかったら更にひどくなるような気がして薬は飲んでますけどね。


でも、昨日ブログで書いたんですが少し考え方を変えて少し
は気持ちが楽になった気がします。考え方を変えたのは以下
の事です。


色々と自身の障害特性について直そうとおもって努力はした
けど無理な面が多々あり

無理して直さなくていいのではと思いました。


色々と仕事も、家の事も頑張ってみたけど、どこかでまたやらかし振出しに何回戻
ったかわかりません。はっきり言って少しは前に進めているのかすらわかりません。


でも自身は努力を十分していると思ってますし、それでもやはり努力しても障害特
性上、無理なことが多くある事がわかりました。


だから逃げとかでなくて
「あきらめる」事を受け入れるように今日は思いました。


結果として


本日も色々とやらかしましたし、今日も家に帰っても上記なような感じですけど
十分、自分自身は努力はしているし、それでもできないのはしょうがないと思い
ました。


職場の障害をもっている上司は私の苦手な事、難しい事は十分伝えているし、そ
こはわかっているけど、上司は障害は自身の努力で治せるという考えをもってい
る方なのでそこは仕方ないと思います。
ですから今日は上司は自分のやらかした事に対して正直、あきれていました。


でも、いくら努力しても難しい事は諦めることにしました。
だって怠けているわけでもないし頑張っても出来ない事が
ありますから私。下のコメントある方と同じ気持ちです。




例え上司にどう思われようともそこはどうにもならないと諦めました。
こう自身は考えたので今日は少し気持ちは少し楽になりま
した。


自身でできる事は精一杯、努力はしようと思います。そこは障害者枠で働いてい
ていてもお給料をもらっているから。


あくまでも絶対ではなくて私なりの自身の主観で書きました。


私の障害、治す努力が足りないのでなく、努力をしても治せないんだと思い、諦め
も大事だと改めて思いました。


だから、そこは割り切ろうと思いました。たとえ周りにどう思われようとも。


以上、はっちでした。


下のボタンで応援よろしくお願いします。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。