発達障害もちオヤジの生きた証の為のブログ

今現在、43歳中高年の発達障害(ADHD)オヤジのブログです。40代中高年でADHDと診断され色々なものを失いました。生きずらさを感じてますが1日あった事を生きた証にする為にブログを書いています。

精神障害者が働く際に大事な事を考えてみた。


はっちです。


しばらくブログお休みしてました。色々とメンタルで落ちていまして。


今回は表題に書きましたが、精神障害者が働く際に大事な事を私なりの
主観ですが考えてみました。


私が就労している企業ですが、前回ブログにも書きましたが相変わらず全然
落ち着いていません。


休まれている方もまた、体調を崩されて休まれていますし、今度は別の方が
休まれている方に対して色々と誹謗中傷を全ての方が知るような形で記入さ
れますし、落としどころがなく正直私はうんざりです。


今回の一件に関して私なりに愚痴でなく前向きに、精
神障害者が働く上で大事な事を考えてみました。


まずは障害者同士ですが、相手に対しての気遣いが一層大事だという事


精神障害者は、やはり健常者よりもメンタルも弱い状態ですから傷つき
やすい。だからより障害者同士であっても思いやりが必要だと思います。
休まれている方も休みたくて休んでいる訳でないですし、そこは致し方
ないと思います。
では休むことで仕事が回らず、他の障害をお持ちの方が厳しくなり、あ
らゆる面で疲弊しているなら、事実として会社に話して仕事量を減らし
てもらうか。応援をもらうかなどすればよいのではと思います。
相談もせず相手の中傷をすることは非常に良くないと思いました。
相談をして仕事量を減らしてもらうなど対応のしようがあったと思いま
す。


後は、休まれている方も体調を崩す回数が多いのは致し方ないと思いま
すが、自分できちんと良くなるまで休職するなど企業に伝えるべきだと
思います。
会社から休職指示がでるまで放置するのはまずいと思います


休まれて仕事量が増えて疲弊した方たちも、体調を崩して休んでいる方
も会社任せにしすぎて相手に対して思いやりがないのが原因だと思いま
す。


相手に対して思いやりをもっていれば上記のやり方
などで回避できたかも知れないと思います。


会社に対して障害があるなしに関わらず、やはり困
った事が発生したらこちらから事実とこうしたいと
いう提案はしないとだめだと思いました



精神障害者が就労するにあたって大事な事は、困った事が起きたらやは
り障害者同士思いやりを持つこと
後は、困った事が発生したら全て企業任せにするのでなく、困った事に
対してどうしたいか?どうしたら軽減できるかこちらの意見を伝える事
が大事だと思います。
就労して企業に全て何とかしてもらおうと考えるのは何も解決にならな
い。


やはり障害者が困った事があったらこうしたいと自
ら提案する事が必要だと思います。


ただ、それだけなのに出来ずに話がこじれてしまっています。


何か残念です。やはり上記の事は大事だと思います。
自ら提案するこれって障害をお持ちの方にとって大事な事と
考えます。


以上 はっちでした。
下のボタンで応援して頂けると有難いです。





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。