発達障害もちオヤジの生きた証の為のブログ

今現在、43歳中高年の発達障害(ADHD)オヤジのブログです。40代中高年でADHDと診断され色々なものを失いました。生きずらさを感じてますが1日あった事を生きた証にする為にブログを書いています。

発達障害者=天才ではないと断言できる理由。



はっちです。




発達障害者=天才ではないです。はい。言い切れます。


今回この点について述べたいと思います。




発達障害者=天才ではないという事
発達障害者天才と入れるとサイトにウジャウジャ出てきますね。


有名な起業家や芸能人。これをうのみにはしない方がよいです。


後は、フリーランスで才能活かして稼いだとかの記事も出てき
ます。これもうのみにしない方が良いと思います。




一部の人ですよ。そういう方は。




本当に特別才能があって好きな事がピタッとはまった成功者が
はたかも全ての発達障害者が全て才能があるというのは違うと
思いますしやめて欲しいです。




こんな記事ばっかりだから




発達障害=天才
発達障害=個人事業主で稼げる




みたいな誤解を受けるんです。当事者の私も含んで発達障害の
方は正直みんながみんなうまくいく訳じゃないですよ。




空気が読めない。落ち着きがない。整理が出来ない。


そんなマイナスを抱えた障がい者が天才になれる訳じゃない
です。




一部の人だけ。


だから才能や特性を伸ばそうとか迷信を伝えるのはやめてほしい。
生きづらくて大変な方がほとんどですよ。




だからこそ支援をしてほしい。障害者年金とか。。働きたくても
働いても生きずらさありますよね。その上給料も安い。だからこそ
支援が欲しい。決して発達障害だから天才ではありません。




障害者年金、発達障害者とか精神障害者の方、年金のハードル高い
みたいですね。


私も今申請中ですが、厳しいかもと言われています。




だって発達障害者見た目が普通にしか見えませんし、認知度がまだ
低いし、審査する人達が素人すぎますから。




別に中傷している訳ではありませんが、身体障害や、知的障害と違
って目に見えませんですから。発達障害者。




だからこそ少し基準を下げたりして少しは門戸を広げて欲しい。。




働きたくても働けないし、働けても収入も安いですから少しは基準を
下げて欲しい。




生きずらさだらけです。こんな世の中嫌だし。
なんとか変えたいです。




最後に


決して発達障害者=天才ではありません。


苦しいことだらけです。発達障害は。。。




下のボタンを押してもらえると助かります。




是非宜しくお願い致します。




発達障害者が生きやすい世の中って自問自答しているはっちでし


た。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。