発達障害もちオヤジの生きた証の為のブログ

今現在、43歳中高年の発達障害(ADHD)オヤジのブログです。40代中高年でADHDと診断され色々なものを失いました。生きずらさを感じてますが1日あった事を生きた証にする為にブログを書いています。

発達障害(ADHD)の特性が生きやすい世の中って


はっちです。


ブログを始めてみて約1か月経とうとしています。


発達障害(ADHD)の方、私も含めてですが、生きやすい世の中に
ついて考えることが多くて、今回これを書こうと思います。


まず、ハッキリ言って今の世の中生きずらいですね。



ADHDの方に限らず、精神障がいの方、見た目だけだと周りから
すれば普通にしかみられない事が多く、色々日常生活【仕事も含む】
で支障をきたしても
甘えてるの一言で片づけられる事が多すぎで
す。就労して更にそれは感じました。


また先日のブログでも書きましたが、友人から普通じゃないと言われ
たり、本当に傷つく事が多い。


発達障害っていっても、色々な特性がありますし、アスペルガーとか
学習障害、注意欠陥性多動性障害とか色々分けられていまして、私の
ようにADHD【注意欠陥性多動性障害】っていいましても、注意欠
陥性が強い方、多動性が強い方、私のように両方同じくらいの方がい
たり様々なんですね。


育ってきた環境や、認定受けた時期によっても、特性が色々違う事も
理解できました。これは当事者会に参加してみて理解出来ました。
後でブログに書きますが、、、


以上の様に特性が多用しているから健常者の方から
すれば理解しようとしても理解できないのはわかり
ます。


また様々なブログを拝見したり、ネットで調べてみたりして、見た目が
普通すぎて、障害者年金を申請しても、落ちる確率多いみたいですね。


私も今の就労先、障害者枠で就労している為、給料が少ない。
就労出来る前、家庭環境が複雑すぎて生活保護を頂いて暮らしていまし
たが、その金額にも届かない。
だから、今障害者年金申請中ですが多分受かる可能性は低いと思います
生活保護からは早く脱却し、支える方に回りたいですが、ケースワーカ
ーさんの温情がありまだ廃止になっていません。障害者年金の結果が、
出てからにしましょうと言われてます。ありがたいですが、、、


年金も健常者時代に十数年以上年金を納めてきましたが、きちんと障害
者年金も落ちる可能性高いと思います。なにせ手帳の等級が3級ですから。



障害者年金も落ちる可能性高いですね。


まとめますとADHDの私ですが、


見た目が普通にみられる事が多く


甘えてる
普通じゃない


生活するにしても
障害者年金落ちる



本当にありとあらゆる面で生きずらいですね。



私なりに何十年もADHDと診断を受けるまで色々と
苦労してきました。でも働いてみて、更に苦労する。
色々と生きずらさを感じました。


ただ、私なりに今まで生きてきた事で苦労してきた
ADHDの件をブログを通して発信していきたいと
思います。


少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。


ただADHDの当事者にとってこの生きずらい
世の中が少しでも良くなって欲しいと思います


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。