発達障害もちオヤジの生きた証の為のブログ

今現在、43歳中高年の発達障害(ADHD)オヤジのブログです。40代中高年でADHDと診断され色々なものを失いました。生きずらさを感じてますが1日あった事を生きた証にする為にブログを書いています。

障害者雇用に関して思う事

はっちです。
障害者雇用で今現在、特例子会社で勤務しています。
特例子会社とは、簡単に言いますと企業が、障害者メインとしたした雇用をしている
会社です。メインで障害者を入れていますから、周りは障害者ばかりですから、当事者
も安心ですし、企業もフォローする際に楽ですし、定着支援もしやすいですよね。


主には大企業がこう言った子会社を作り企業全体の障害者雇用率を維持しているところが
増えてきてます。


他には、一般企業で障害者をオープンにして(公開して)働くという形ですね。
これも、本人が障害者である事を公開しているから、苦手な事、難しい事を事前に伝え
ておけば周りは配慮してくれますね。ただ、障害者があまりにも少なく、周りが健常者
ばかりですから、全ての方がその方が障害ある事を知らず、配慮がなかったりして続か
なくなるリスクはあります。


給与面に関してはやはり一般的に障害あって特例子会社でなく障害枠で入る方が世間的
には大変な面もあるからそちらの方が始めも高いし上がり幅が高いのは現実です。


ただ、就職してみて障害者就労して気づいた事があって、やはり入ってみないとわからない事はありますね。


健常者ばかりだから配慮が少ないそれもあるかも知れないけど、障害者同士でもお互いに
苦手な事を配慮して助け合っていかなければならない。そう思いますね。


障害ある経験があるからこそ人の痛みがわかる。これは死語だと思います。


ある意味被害者意識が高く自分を守る事に精いっぱいでそんなことが欠けている人が
多い気がします。


本当にやはり障害者である事より人を思いやる気持ちが少ないなと思いました。


結局は入社してからでないとわかりませんね。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。