発達障害もちオヤジの生きた証の為のブログ

今現在、43歳中高年の発達障害(ADHD)オヤジのブログです。40代中高年でADHDと診断され色々なものを失いました。生きずらさを感じてますが1日あった事を生きた証にする為にブログを書いています。

ADHDの自分考えが少し変わりました。(幸せの形)


こんばんわはっちです。
昨日は、鬱ぽくなり、その後過集中になりPC作業を時間を忘れておこなう。
今日は、週初めの仕事でしたが、前に教えてもらったことを忘れる。物を激しく落とすなど、色々とやらかしました。
正直沈んでます。


でも、仕事帰りに、ぼ~と外を見ながら帰っていたら気持ちが楽になりある考えを持とうと思いました→でも、また変わるかも知れないけど。


の考えとは、、、とりあえず障がいがあって色々仕事で上司に迷惑かけている、私生活も苦労しているけど、1日終わって、寝る場所とごはんが食べれればいいかなという考えです


障がいに対して、苦手な事は出来るだけ、努力して軽減していかなきゃいけないけど、できないものはできないし。
好き好んで障がいになった訳でない。努力しても完全に難しいのであれば致し方ないと
おもいました。


後は、世の中にとって普通ってなんだろうと思います。いい大学に入って、一流会社に入ってお金を沢山稼いで良い暮らしをする。
今までこのことから脱落したら全てダメな人間だと私は思ってました。現に大学までは何とか維持出来ましたがそれ以降は全然ダメでしたし、障がいがある事でさらにダメになり
落ちこみました。


でも、世の中の普通って本当に誰が決めたの?って思います。
別にお金があるに越したことはないですがなくても幸せな人はいますしね。


私は精神障がいとして発達障害(ADAHD)、と躁鬱持ちですが、好き好んでなった訳でないですが、努力しても無理なものは無理と割り切っていけたらいいな。


正直、今の会社で働いている障害者の方給料が安いとか言っている人もいますが、それはそれでその人の気持ちだから仕方がない。


私は、給料が安かろうがこうやって働かせてもらって、1日終わってご飯が食べれて、寝る場所があるだけでも幸せだと思う。


ある意味、障害があったからこそ色々な今回の考えに辿り着いたのだと思う。


語弊があるかも知れないけど、家がないホームレスの方でもその生き方が辛いと思っている方ばかりじゃないと思う。昔、あるホームレスの方に公園で偶然、たばこをくださいと言われて話しかけられたんですが、その方と話してみて、この暮らしは自ら望んだからやではないと言われたのを思い出した。世間体的には、ダメだとかいう人いるけど本人がよければ良いのではないかと思います。


私は今の障害はなりたくてなった訳でない。でも仕事上、いくらか迷惑かかるから直せる事は直さなければならない。ただ十分努力しても無理なら、仕方がないと思うようにする。


仕事上苦しいけど、どんなに苦しくても1日は終わるしお給料はもらえる。
普通に朝起きて、仕事にいって家に帰って寝て、翌日、遅刻早退なく仕事に行けば別にクビにもならないし。今回は障害者雇用で入ったので勤怠させ安定してればクビにもならないし


そんな生活をしていければいいとおもっている。別に会社でどうこう障害者に関して講演ができるような中心的な役割なんて果たそうとおもってないし。偉くなる気持ちもないし。


そういう生きた方がしたいし、これが自分にとっての幸せの生き方だと思う。
障害に関しての特性を軽減を要求されても、いくら努力しても出来ないものはできないし。


最後にいまだに私が身内から言われた一言で、絶縁状態になりました。
それは、精神障害者は甘えてる。誰でもなれる。兄貴は甘えてるだけ!
弟に言われた一言なんですがそんな弟が身体障害者のボランティアをしているから笑えますよね。


本当に世の中このような風潮がある事に憤りを感じますし、誰でもなる病気だし、
みんななりたくてなった訳でないし、私は障がいある人が、働けないと自身が思うならそういう生き方もありだと思います。
話がそれましたが、障害があって、働くのが難しいのであればそれは仕方ないし、それで本人が幸せならそれはそれでいいと思う。


無理して周りの価値観に振り回されないで生きようと思った一日でした。





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。