発達障害もちオヤジの生きた証の為のブログ

今現在、43歳中高年の発達障害(ADHD)オヤジのブログです。40代中高年でADHDと診断され色々なものを失いました。生きずらさを感じてますが1日あった事を生きた証にする為にブログを書いています。

自分の発達障害(ADHD)の特性を知る。

こんばんわ。はっちです。


今日は仕事、終わって、20時〜NHK Eテレ ハートネットTV シリーズ 精神障害者と働く 第1回「働き続けるために」を見ました。


私も通所してましたが、就労移行支援事業所の取り組み、企業が精神障害者を雇うために
悪戦苦闘して得た取り組みなどを主にやってました。


結構参考になりました。就労移行支援事業所の取り組みでは、お弁当製造を実際に取り組みをし、各自が障害上難しい事、苦手な事を弁当製造の事業所内での実習によって事前に知り、それをどう対処するかを実践し、その後就労に繋げていく実例が挙げられていました。実際、障がいある方で、過集中になって、後でへとへとになってしまう特性がある
方が、後でへとへとにならない為に、1時間おきにまめに休憩を自ら取って、モチベーションを維持するなどあげられていました。


私も障がいの特性上、過度に集中しすぎて、へとへとになってしまう事は就労移行支援に通っていた際にわかっていたけど実際、その時は頭でわかっていたけど実際どうなるかまで考えていなかった。


今回、実際、障害者枠で就労して2か月それに悩まされてきました。
企業と上司はまめに休んだらと言ってくれているのに、対して休まずへとへとになってしまう。


それじゃダメなんだ。


今日は、たまたま、意識して頑張りすぎずまめに休憩したのでもちました。


長く就労するのが私の希望だし、企業もそれを望んでいる。
だから、明日もまずはそれを継続しよう。


1時間に1度、5分休憩して、パフォーマンスを常にできるように


結構興味深い番組だったので、再放送もあるみたいですので是非!!


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。